アンドロイド専用のアプリ開発を依頼する前に確認しておくべきこと
ロゴ

アンドロイドのアプリ開発業者に依頼する流れと確認事項をチェック

Android Studioって何?

Android Studioとは、アンドロイド向けのアプリを開発するためのプラットフォームです。なお、Google社公式の開発ツールとなっています。

専門業者へ依頼する際の手順

スマホ

開発するアプリの仕様を決定する

アンドロイドのアプリ開発をするときには、どのような目的で誰のためにどんなアプリを開発するのかを考慮して、企画を考える必要があります。企画が煮詰まった時点で、どのようなアプリを開発するのか具体的なアプリの動作を検討して仕様書としてまとめます。

依頼する業者を選定する

アプリ開発を委託するにあたり業者の選定を行います。一般的には、業者の開発実績を重視して決定することが多いです。自分たちの作りたいアプリの分野の設計事例を豊富に持っている企業を選択します。

依頼する業者を決定する

2、3社の業者を選定し、業者の提案力や技術力、アプリ開発期間などを考慮しながら業者を選定してきます。確実に自分たちの要求を満たしてくれそうな業者で、かつ安く開発できる業者を選定します。また、各社から見積もりを取りコストについても検討します。

依頼先に仕様書を提出し打ち合せを行う

業者を選定したのちには、実際に業者を訪れ、自分たちの作成した仕様書をもとに開発の打ち合わせを行います。この時点で、提案力のある業者であると、業者側から機能追加などの提案も受けられます。

アンドロイド専用のアプリ開発を依頼する前に確認しておくべきこと

男性

アンドロイドのアプリにも様々な分野がある

アンドロイドのアプリには、様々な種類があります。例えば、店舗などを宣伝する簡単なグラフィック写真などを表示するだけのアプリ、ソーシャルネットワークなどと連携するアプリや、ゲームアプリなどがあります。他にも最近ではクラウド連携型のアプリなども出始めています。アプリの分野によってプログラミングの難易度も異なるため開発費も変わってきます。

APPS

アンドロイドのアプリ開発に必要なもの

業者選びは比較が大事

パソコン

自分が作りたいと思っているアプリのイメージが固まっているのであれば、業者を選ぶときには開発実績を比較することが大切です。自分が作りたいアプリの分野について開発実績が豊富なところを選ぶのが得策です。アンドロイドアプリにて使用されるJava言語はオブジェクト指向となっているため、過去に似たようなプログラミングを行なっていると、その資産を流用でき、設計品質も高くなりますし開発期間も短くなり、開発費も抑えられます。

アンドロイドのアプリ開発を依頼する時に気をつける点

ネットワーク

業者に依頼するときには、アプリの開発目的やターゲットユーザーなどを明確にビジョンを立てておく必要があります。ビジョンがしっかりとしていれば業者からも逆提案をしてくれアプリの機能アップに繋がります。また、本当にアプリである必要があるのか、Webサイトではダメなのかの検討も必要です。なお、Androidアプリ開発を行ったのちにiPhone版もリリースする可能性はないのかもあらかじめ検討しておくと良いでしょう。iPhone版もリリースする可能性であれば、クロスプラットフォームという別の開発環境を使うこととなります。

依頼前に確認しておこう

アプリ開発を業者に依頼する前に確認しておきたいことは、その業者の具体的な開発実績と、開発スケジュール、開発にかかる費用です。また、リリース後のアフターサポートについても確認しておきましょう。

広告募集中